このページの本文へ移動
To Be a Good Company

TMSナビの特徴

安心の東京海上グループ


東京海上グループについて

東京海上グループは、国内損保事業のみならず、国内生保事業、海外保険事業、金融・一般事業と、幅広い事業展開を行うグローバル企業グループです。
収益性・成長性の高い分野への事業領域を拡大し、世界トップクラスの保険グループを目指しています。

東京海上日動メディカルサービスは、東京海上グループの一般事業として、これまでの「保険概念」を超えた「安心と安全」にかかわる商品・サービスの提供を目指し、積極的に事業展開をしております。

東京海上グループ一覧

サービス提供の基盤


高い品質のカウンセリング体制

相談者様ごとに担当の臨床心理士がつき、WEB(メール)・電話・対面相談の中から、相談者の意向に沿った相談方法で一貫してサポートいたします。相談担当者は、電子カルテ(弊社システム)で管理しているストレスチェックの結果や過去の相談内容を踏まえ、より相談者の状況に沿ったカウンセリングを実施します。

精神科専門医を中心としたチームアプローチ

精神医学の専門家(=精神科医)と、こころのケアの専門家(=臨床心理士)がチーム体制で、医学的見地に基づき、不調者や潜在層の早期発見、早期対応を支援します。

働く人々のメンタルヘルスケア支援における豊富な活動実績

東京海上日動メディカルサービスでは、1987年の会社設立以来、一貫して産業界を中心としたヘルスケア事業に従事しています。 2002年よりメンタルヘルスケア事業に参入しており、現在約2,210団体、年間約76万人が利用(2017年7月1日現在)されているという実績があります。

ご利用者の状況に合わせた最適ソリューション

メンタルヘルス不調者を中心に働きかけるハイリスク・アプローチと、健康な従業員のこころとからだのバランスアップを目的とするポピュレーション・アプローチを組み合わせ、個人と組織全体に効果のあるメンタルヘルス対策をご提案します。組織のニーズに合わせて必要なサービスをオーダーメイドでご提供し、人材と組織の活性化を促します。

産業保健事業に裏づけされた連携体制

東京海上日動メディカルサービスでは、産業医の手配等の産業保健業務(健康管理支援サービス)の受託を1990年より開始しました。現在では、グループ全体で約340団体(TMS単体で約70団体)の実績があります。

 

豊富なネットワーク


日本全国でカウンセリング対応が可能です

医療機関、カウンセリング機関合計で約500機関とのネットワークを有しています(2017年7月1日現在)。

参考

医療機関の提携基準:下記の協会・学会所属のクリニック・病院

  • 日本精神神経科診療所協会
  • 日本精神科病院協会
  • 日本産業精神保健学会

カウンセリング機関の提携基準:下記の選定基準を満たす機関

  • 臨床心理士がカウンセリングを行っている
  • 臨床経験年数が10年以上(10年以下でも実績あれば可)
  • 医療機関との連携体制が整っている
  • 社会人を専門対象としている(子供専門は×)
  • ケースワークできる(EAPと連携できる)  など