このページの本文へ移動
To Be a Good Company

2019年6月に開催された合同学術集会2019において、第2医療部 小島医師が以下の講演を行いました。いずれも、潜水医学に関することです。潜水医学に携わる専門医師が少ない現状で、潜水事故現場での減圧障害への対処(応急手当)は重要であり、最近編纂されたガイドラインについて解説しました。また、減圧症治療のエビデンス構築のために症例登録制度が求められており、キックオフミーティングとして今回シンポジウムが行われました。

1.特別講演:減圧障害のプレホスピタルガイドライン
2.減圧症症例登録シンポジウム:SANDHOG criteriaを用いた減圧症の診断とその有用性、減圧症症例登録に期待するもの

2.の症例登録は海外でもホットな話題であり、
同月にプエルトリコで行われた Undersea and Hyperbaric Medical Society 2019 Annual Scientific Meetingで、シンポジウムの概要を発表しました。

Title: Toward a Decompression Sickness Registry in Japan.

第二医療部 小島 泰史