このページの本文へ移動
To Be a Good Company

東京海上日動メディカルサービス株式会社は、社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定し、実行していきます。なお、本行動計画書は東京労働局長宛に提出し、承認をいただいております。

一般事業主行動計画

1.計画期間

平成29年4月1日~平成31年3月31日までの2年間

2.内容

【目標1】

計画期間内に男性の育児休業の取得率を7%以上にする。

<対策>

  • 平成29年10月
    男性の育児休業を取得しやすくするため、育児休業開始後5日間を有給休暇とする規則の改定を実施する。
  • 平成29年11月~
    規則改定後、社員への周知と男性社員向けに育児休業制度の説明会を実施する。

【目標2】

妊娠中や産休・育休復職後の女性社員のための相談窓口を設置する。

<対策>

  • 平成29年06月~ 相談窓口の設置について検討
  • 平成29年10月~ 相談員の研修
  • 平成29年12月~ 相談窓口の設置について社員へ周知

【目標3】

育児休業中、子育て中の社員の情報共有、交換の場を設定し、仕事と育児の両立が円滑に行われるよう“ママン&パパンフェスタ”を定期的に開催する。

<対策>

  • 平成29年6月~ ママン&パパンフェスタのプログラム検討
  • 平成29年8月~ ママン&パパンフェスタの開催(毎年1回開催)

 以上