このページの本文へ移動
To Be a Good Company

東京海上日動メディカルサービス株式会社は、社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため下記行動計画を策定し実行していきます。なお、本行動計画書は東京労働局長宛に提出し承認をいただいております。

一般事業主行動計画

1.計画期間

平成26年4月1日~平成29年3月31日までの3年間

2.計画内容

【目標1】
妊娠中の女性社員の母性健康管理についてのパンフレットを作成して社員に配布し、制度の周知を図る。

<対策>

  • 平成27年4月~ 社員へのアンケート調査、検討開始
  • 平成28年度~ 制度に関するパンフレットの作成・配布、管理職を対象とした研修及び社内広報誌などによる社員への周知

【目標2】
妊娠中や産休・育休復帰後の女性社員のための相談窓口を設置する。

<対策>

  • 平成26年4月~ 相談窓口の設置について検討
  • 平成27年4月~ 相談員の研修
  • 平成27年10月~ 相談窓口の設置について社員への周知

【目標3】
子供参観日、育児休業中、子育て中の社員の情報共有・交換の場を設定し、育児と仕事の両立が円滑に行われるように援助する。

<対策>

  • 平成26年4月~ 子供参観日の開催(毎年1回開催)
  • 平成26年4月~ 子育て情報交換会の開催(毎年1回開催)